白髪染めはタイプ別で使い分けましょう

気になる白髪染めは、自宅でできると安上がりですし、思いついてすぐにお手入れができるところも良いです。
自分でできる白髪染めにもいろんなタイプがあるので、自分に合ったものを探すと良いでしょう。

クリームタイプ

白髪染めの定番のようなもので、幅広い年齢に使われています。
2種類の薬液を混ぜ合わせますが、使う分量だけ出して残りは次回に取っておけるので経済的です。
専用の刷毛で生え際から塗っていきます。
生え際の白髪が目立ち始めたらサッとお手入れができるところが好まれている理由の一つです。

液体・乳液タイプ

専用のボトルで薬液を混ぜ合わせ、専用のブラシに出すか、ボトルに専用ブラシをセットしてそのまま髪全体に塗り広げられるので、白髪の範囲が広い場合に便利です。
液垂れもしにくく、しっかりと液を塗布できます。
一度混ぜ合わせた液は保存できないのですが、広範囲に使用するのであれば塗りやすさなどを考えてこのタイプを選ぶと良いでしょう。

泡・ムースタイプ

1本のボトルに2種類の薬液が入っており、プッシュするとノズルから同時に2液が出てくるので、手袋をした手で受けて髪全体にもみ込むように密着させます。
液垂れもしにくく、手で付けていくので慣れていなくても塗り残しの心配がありません。
また、プッシュして出た分だけ使い、後は保存しておいて次回に使えるので経済的です。

シャンプー・トリートメントタイプ

毎回の洗髪にこのシャンプーやトリートメントを使うだけで、入浴のついでに手軽にできます。
染髪力は弱めなので回数を重ねて自然と染まってきます。
また、白髪染めの影響で頭皮にダメージがないか心配な方からは、髪や頭皮に優しいと好まれています。

このように白髪染めにはいろんなタイプがあります。
染めたい部分の範囲や頻度、仕上がり具合などを考えて、自分に合うタイプの白髪染めを使い分けましょう。

amazon 白髪染め 人気 TOPへ